育星舎 代表ブログ

京都市にある私塾教育・育星舎グループ代表のブログです
数学の天才 その5

 

「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」


天才は早熟な者が多い。朝日新聞のGLOBE 6月3日号で読んだのだが、数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を受賞するなど「超天才数学者」と呼ばれるテレンス・タオ(42)は9才で大学に入ったという。一般人の知り合いに普通そんな子供はいない。私はその例外かもしれない。

 

私は長年、中学受験を指導してきて優秀な生徒はたくさん見てきた。数学科に行くという生徒もいた。その中でも十数年前の小学5年生のTくんとの出会いは衝撃的であった。アスペルガー症候群であるTくんはお母さんと入塾相談に来た。お母さんに促されるままにぎこちない挨拶をした以外はTくんは私と視線を合わせず、宙を見つめているような表情で、自分のことが話題にのぼっていることも一切関知しない態度であった。

 

お母さんが言うには高校数学の微分・積分ができるという。半信半疑で確認してみると理解しているようなのだ。今までこんな子供と出会ったことがなかったので非常に驚いた。個人指導で国語・算数・理科をみることになった。算数は私が担当した。そこでさらに驚くことになった。

 

 

      

 

このような筆算で解いても間違いそうな問題を暗算で解くのである。1、2分じっと式を見つめていて、ぼそっと解答する。それがすべて正解なのである。私は教えるというより、合格に必要な問題を提供したにすぎない。

 

超難関校に彼は合格した。風の便りに聞くとそこでいじめにあい退学したという。数学の天才は今どうしているのか。

 

 


 

 

 

  

| IRIE | - | 15:17 | - | - | -
数学の天才 その4

 

私の高校の同級生M君は当時同期生の間で「(数学の)天才」と呼ばれていた。その頃流行り出したルービックキューブを初めてなのにものの1、2分で完成させてしまった。また今でも有名な数学雑誌「大学への数学」(東京出版)の毎月の学力コンテスト成績優秀者として彼は常連であった。M君は京大理学部へ進学したのだが、東大理気帽圓辰人Э佑他校出身者から「君の高校にMという生徒がいるよな」と質問されたということだ。それほど彼の名は数学愛好家の中で全国的に名が知れていたのである。

 

そんな彼は当然数学者になった。十数年前になるだろうか、私の実家が京都の古民家であるということで、アメリカの数学者を連れて見学に来たことがある。そんなとき「ぼくらプロは…」と表現したことがある。なるほど、数学者というのは数学を扱うプロフェッショナルなんだと感心したことがある。

 

数学の天才であった彼が京大理学部に進むというので、数学科に行くのをあきらめて京大医学部に行った者もいたと聞く。それで思い出した。私がお世話になったY先生が言われたこと。「何年に一度かの天才があらわれると普通なら秀才として大学に残れた者が色あせて見えてしまう。よく切れている刃物もカミソリが来ればナタになってしまう。」というのである。

 

天才はまわりの人生を変えてしまう。

 

 

 

    
 

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 03:09 | - | - | -
数学の天才 その3

 

すぐれた教師の条件の1つに、生徒の能力を見極めるというものがあると思う。その点Y先生が私の数学力を知ろうとしなかったことはプロ講師として失格だったかもしれない。しかし、その欠点を補うにあまりある数学的才能がY先生にはあった。天才的能力と生徒指導力は反比例の関係にあるのかもしれない。

 

「打てば響く」ようにY先生は私の要求に次から次へと応えてくれた。Y先生は宝の山、私はその中から驚くほど貴重なものを頂いた。さらに私はY先生の考える仕草や筆記の仕方などもまねていった。

 

私は一浪して大手予備校に在籍していたのだが、7月頃から身体の不調がきっかけで家に引きこもるようになっていた。そんな時もY先生は家庭教師として自宅に来て下さり、数学を考えることが私の気晴らしにもなっていた。

 

そんな生活で夏が過ぎ、秋も過ぎようとしていた。私は思いきって、ある有名な数学講師の冬期講習を申し込むことにした。

 

その講習は以前の私にはかなりレベルの高いものだったが、対外試合のような気持ちで臨んだ。しかし、驚いたことにその講師の話す内容が一言一句はっきりと理解できたのである。私は今までにない自分の明晰さを実感した。終了試験もスラスラと解け、合格点をとることができた。

 

数学の思考論理が私の脳にY先生によって植えつけられたのだ。いや、Y先生の数学的思考が私に乗り移ったと表現した方がよいかもしれない。

 

 

 

| IRIE | - | 02:54 | - | - | -
カバゴン その6 完

阿部先生は多方面で活躍しておられた頃、富士山麓に「野生学園」という「自然の中の実験教室」を作られた。ここで、春、夏、冬などの学校の休みの期間に野外学習として多くの生徒達の合宿を実施された。先生に案内されてそこに見学に行ったことがある。建物はログハウス調で、常駐するスタッフもおられ、うらやましい限りの施設であった。

 

ところで「科学の学校」創設当初手伝っていただいていた長男の昌浩先生も2年ほどで東京に帰られた。時が経つにつれ京都の「科学の学校」は独自のマニュアルを蓄積し東京の「麻布科学実験教室」と肩を並べる程に成長した。そして阿部先生の快諾を得てフランチャイズ契約を解消させていただいた。

 

そんなこともあり、阿部先生とは京都に来ていただいたり、私が出向いたりというお付き合いも十数年程前からあまりなくなっていた。しかし、昌浩先生とは連絡をとり合って先生の御様子はうかがっていた。

 

あんな元気だった先生がここ数年いろいろな病気を患うようになっていった。帯状疱疹、人工関節手術、心不全、角膜ヘルペスによる左目の失明、股関節骨折など次から次へと病魔が襲い、車椅子生活を余儀なくされるようになっていた。そして最期は胃がんが原因で逝かれたという。

 

そんな中でも、ある記事によると「朝、目覚めたら『今日も生きていた!』って、もうそれだけでうれしくてうれしくて。命あることに感謝しながら暮してますよ」と話されたらしい。血液がO型だからといって到底言えないすばらしい境地である。風邪で寝込んだだけでも落ち込むような私にはそんな気持ちになれないだろう。

 

そしてつい最近まで自宅で小学4年の男子を指導しておられたという。全盛期の先生は、学校の講堂で数百人の小学生を前に授業をされたことがある。あれはただのパフォーマンスで行っていたわけではなかったのだ。「阿部先生は本当の教育者だったんだ」と今つくづく思う。教育に携わる者として先生と出会えたことを感謝しなければならない。

 

御冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

        

 

 

  

| IRIE | - | 22:32 | - | - | -
カバゴン その5

 

阿部進先生は何でも関心を持ちビジネスにしてしまうような方との印象を当時の私は強く持った。前述したように、自分の糖尿病体験をベストセラーに結びつけてしまうことなど朝飯前。実際私ども育星舎との関係も先生の理科実験教室のフランチャイズ展開が始まりだ。教育評論家としてはその枠を越えてある有名マンガのキャラクターのぬいぐるみの興行権も持っておられたし、人気画家の展覧会の企画運営なども独占的に手掛けておられた。

 

同じ闘病体験からその頃塩の販売などの話もよくしておられた。「工業的に作られる塩は身体によくないが、海水から作られる天然の塩は十分に摂るべきだ」と普段から小さな入れ物に天然塩を持っておられ、ミネラル水に溶かした塩水をよく飲んでおられた。そして、ある方の作る天然塩を売り出すんだと勢い込んでおられたそんな時期もあった。

 

私が小・中学生の頃はテレビのクイズ番組やワイドショーなどでタレントとして活躍されていた時期もある。「学校の教師、その後教育評論家」という職種としては昔から収まりきれないマルチな才能があったのは事実だ。

 

何しろ先生はエネルギッシュで前向き、人との関係をどんどん広げ活躍の場を広げていかれてるのには感心した。先生はそんな性格を血液型でO型に由来すると自分で言われたことがある。

 

「調べてみると僕も含め事務所のスタッフは全員O型なんだ。誰も止める者はいないよね。」まるで人ごとのような話をされていた。

 

 


O型.jpg


 

 

 

 

| IRIE | - | 21:16 | - | - | -
数学の天才 その2


初対面のときの私の対応がまずかったのか当初Y先生は私に大学レベルの数学を提供しようとされた。それは私の学力レベルを理解しておられなかったからだ。Y先生本人の高校時代の数学力と私のそれとが大差のないものだと考えられていたのではなかろうか。自分が高校時代に考えた差分方程式の公式の作成過程のプリントと、同じく高校時代に読んでおもしろかった(?)書籍「R・クーラント H・ロビンズ 数学とは何か」(森口繁一監訳 岩波書店)を私にくださったのだ。前者は高校では習わない高等数学であり、後者は大学受験参考書レベルの解法ではなく数学の本質を説く私には難解な著書であった。

 

私の学力を高く評価して下さっているY先生に多少の遠慮もあり、始めて数回の指導の間は我慢していた。しかしこのままだと時間の無駄だと思えてきた。ついに私はY先生に「指導していただく学習内容は、私が決めさせていただきます!」と宣言した。一瞬先生はキョトンとした顔をされた。不愉快な表情もされなかったので私は胸をなでおろした。

 

その後は受験問題集の解説や大学入試の過去問などを私が具体的に示して受験に必要な論点を質問していった。それに対するY先生の回答が理解できなければ、分るまでレベルをどんどん下げて説明していただいた。やはり問題の根本を理解しておられるからであろう、細かく噛み砕いてどこまでも、初歩の原理原則まで戻っていただいた。後に実感するのだが、教師という者はやはりその分野で本物でなければならない。

 

この経験から私はこんな例えをよく言う。「ウィスキーを水で割るとき、安物は途中で水っぽくなるが、本物はどこまでも薄められる。」

 

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 03:44 | - | - | -
数学の天才 その1

 

朝日新聞12月16日付朝刊の1面トップは、<数学 ABC予想「証明」>だった。


長年にわたって世界中の研究者を悩ませてきた数学の超難問「ABC予想」を証明したとする論文が、国際的な数学の専門誌に掲載される見通しになった。執筆者は、京都大数理解析研究所の望月新一教授(48)。今世紀の数学史上、最大級の業績とされ、論文が掲載されることで、その内容の正しさが正式に認められることになる。……


数学上の超難問解決という世紀の快挙に関するこれらの記事を私は興味深く読んだ。理由の1つは望月教授の所属する京都大学の数理解析研究所という名称に思い出があったからだ。

 

私は大学受験の際、約1年間Y先生という数学者に数学の個人指導をしていただいた。その方が数理解析研究所の講師をしておられたということなのだ。Y先生のお陰で数学の成績が飛躍的に伸び、その結果不可能と思われた大学に合格したのである。

 

私の中学高等学校の先輩という関係で同級生からY先生を紹介してもらったのだが、今から思えば本当に素晴らしい先生と出会えたと思っている。数学という学問の魅力の一端を垣間見るそんな経験はY先生と出会えていなかったらなかっただろう。

 

と言っても、先生はプロの家庭教師だったわけではないので教え方はあまりお上手とはいえなかった。

 

 

 

                                              

 

 

           
 

| IRIE | - | 14:02 | - | - | -
カバゴン その4

 

当初、科学の授業は学習指導の教室を間借りして行なっていた。生徒数も順調に増えてきたので、1年後近所に部屋を借り専用の教室を作った。

 

さらにその後、教室を各地域に増やしていった。(現在は5ヶ所)教室を新しく開くときは必ず阿部進先生をお呼びして、講演会とお楽しみ実験を行なった。阿部先生の講演はおもしろく聞く者を引き付けるものだったが、その前に先生そのものが楽しんでおられるようだった。話はいろいろ脱線するし、次から次へと話題が出てきてまさに終わりがないのである。会場を借りている時が多かったので、時間の制約上終盤になると私はいつも「はやく終わってくれないか」と気を揉んだ。そのうちに阿部先生もそのことに気づいたのか「話しが長くなると入江先生に睨まれる」などと言い出された。それでも時間通りに講演が終わることはなかった。

 

先生は普段でもよくしゃべられた。京都に来られた時は食事など共にさせていただいたが、よく食べよく話された。私は先生を健康だと思っていたのだが、糖尿病を克服されたと聞いて驚いた。一時は100キロ近い体重があり、失明寸前のところまでいったという。その後ある医師と出会い、その先生の指導により体調管理をしているということだった。その体験は一冊の本となり話題となった。

 

 

 

school_kagaku_jikken_girl.png
 

 

 

| IRIE | - | 14:36 | - | - | -
カバゴン その3

 

新教室の内装工事は着々と進んでいた。しかし、パーテーションなどがまだ完成していない状態で理科実験教室の説明会の日がやってきた。結果的にはそのお陰で予想以上の100名程の参加者が入場できた。東京からカバゴン阿部進が来て下さった。即席の舞台でシャボン玉を含むいくつかの理科実験と講演をして下さった。阿部先生の講演は子ども達にもわかりやすく、なにしろおもしろい。皆、満足して帰っていただいた。

 

小1生から小6生まで1クラス4名まで、授業時間は60分、各自が実験し、絵入りで実験記録をつける。年間36回、学校の春、夏、冬の休暇期間には数種類の特別実験を別に設定して、通常授業参加者以外の申込みも受付ける。そんなカリキュラムでスタートした。

 

各学年1クラス以上、数十名の入会者があった。実際の実験指導は阿部進先生の長男昌浩先生を中心に行っていただいた。昌浩先生は「科学の学校」のために東京から京都へ転居されたのだ。

 

東京と関西の違いに驚いたことがある。東京では年間20万円程の授業料が原則一括払いで問題ないというのである。元総理大臣の孫も来ているという東京の教室では普通なのかもしれないが京都ではそれは無理だと思った。

 

私は阿部進先生を説得し、年間14万円程の授業料を原則12回の分割払いにした。

 

 

 


 

| IRIE | - | 22:07 | - | - | -
カバゴン その2

その頃有名中学への合格実績も多少出だしていた。それをチラシで強調できないだろうか。またネームバリューのあるカバゴン阿部進が理科実験を見せる企画はインパクトを与えないだろうか。

 

1992年春、新教室は地域的にも離れていたこともあり、新聞の折り込みチラシは今までの数倍の規模で入れることになった。一面には理科実験教室として阿部進氏の顔写真、片面には学習部門として私の顔写真を載せた。

 

私の顔写真の掲載はまさに「清水の舞台」だった。私は弁護士である父の後を継ぐべく大学の法学部に入学したが中退してフリーターになった。実家や出身小学・中学・高校も近い地域で自分の顔を晒すのはかなりの抵抗感があった。

 

しかし、ここは一大勝負の時だ。「学習塾の仕事に堂々と自信をもって自分を前面に押し出さなければならない」と腹をくくった。また成功へ験をかつぎ、髭をたくわえた。そして教え子のお父さんが芸術写真家だったのだが、厚かましく私の顔写真を撮ってもらった。それは本来の自分以上に貫禄のある人物となっていた。

 

朝刊にチラシが入った日、塾では電話が鳴り続けた。1台の電話しかなく説明会の予約やら問い合わせやら用件を済ませるとすぐに次の電話がかかってきたのだ。まさにてんやわんや。件数としては学習部門と理科実験部門とおよそ半々であった。しかし、私単独で広告しても反応は半分もいかなかっただろう。カバゴン効果絶大であった。

 

 

 

| IRIE | - | 15:03 | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ