育星舎 代表ブログ

京都市にある私塾教育・育星舎グループ代表のブログです
説明会 その7

 

入江塾の特色の各論6つめは、学習環境が良いということ。入江塾のある育星舎北野学舎第一教場は元幼稚園で一見して塾とは思えない。体験授業で来て、この雰囲気が気に入り即入塾を決めた女子生徒もいた。

 

その幼稚園は隣にある洛西教会というプロテスタントのキリスト教会の附属として運営されていた。歴史は古く全盛期は300名程の園児がいたそうだが、送迎バスを使わなかったこともあり、生徒数が減っていき閉園になった。最後の園児の中に私の息子もいた。

建物は鉄筋2階建てで、両端2か所に避難出口としてかわいいスベリ台がついている。借りているのは2階部分だが、欄干がある廊下は開放的だ。そこは面談室や休憩室などを増設して以前より狭くなっているものの、広々としていて生徒達の憩いの場だ。園庭は今はガレージとして使われているが、桜の木やミカンの木などが植えられており自然が残っている。

 

小6生は全員この教室で学習する。春期、夏期、冬期の各講習には小4、小5生も全員ここに集まる。この環境ならば長時間勉強しても大丈夫。

 

街中のビルの一室で小学生に何時間も受験勉強をさせるのは自分としては忍びない。

 

 

 

 

kinder_101m.jpg
 

 

 

 

| IRIE | - | 13:44 | - | - | -
説明会 その6

 

入江塾の特色の各論5つめは保護者の質が高いということ。入江塾の指導理念に三位一体論というものがある。簡単に言えば生徒、保護者、入江塾のそれぞれの協力関係を構築するというものである。保護者から見た2つの関係、すなわち、生徒との親子としての連帯関係、入江塾との信託関係がしっかりできていなければ受験指導の成果は上がらない。極端に言えば社会的信用のない親とは共に受験教育をすることはできない。

 

社会的信用といえば代表的なものが金銭関係である。以前の私はその点、問題があった。塾を始めた頃、中古車をローンで購入した。月末の27日に毎月引落としがあったのだが、経済的に苦しい時期だったので真剣さがなく毎回のように翌月払いになっていた。私自身は返済はしていると甘く思っていたのだが、担当者から「不渡り」などと厳しく言われた。ある時、新たなローンを申し込んだところ審査で拒否された。ブラックリストに載っていたのである。私にとっては人生での大きな汚点である。

 

私は生徒達にそのような経験をしてほしくない。約束したことは実行してほしい。学習における課題も宿題もしっかりやってくることは将来の社会的信用にもつながると考えている。

 

数年前、他の塾の事情を知って保護者層の違いを感じた。そこは1000名近い生徒を擁する塾なのだが、月謝の無断遅滞が300万円程あるというのである。私の塾ではそういうことは皆無に近いので驚いた。生徒が対象という学習塾の業態上、月謝の集金は大変難しいとは同業者から聞いていたがここまでとは思わなかった。

 

良い保護者が私の塾には多くおられることに感謝している。それは生徒の指導の上で大変な力になっている。

 

 

 

 

| IRIE | - | 23:23 | - | - | -
説明会 その5

 

入江塾の特色の各論4つめは生徒が少人数であるということ。少人数制をうたっている塾の中には生徒が集まらないので結果的に少人数という場合もある。入江塾の場合は、教室の大きさから物理的に人数に限界がある。

 

私は30年程前、個人塾からスタートした。個人で指導できるのはせいぜい70名程度と言われている。100名ぐらいになると悩ましい問題が起こる。一方、専任講師(社員)を雇うべきかどうか、すなわち他人の生活を保障するだけ生徒数、収入を増やしていけるかどうか。他方、自分がやってきた指導内容と同質のものを生徒に提供できるかどうか。

 

私が考え出したのは各部門、教場で独立して塾運営をしていってもらうこと。運営に関して自己責任の塾長がアメーバのように増えていけばそれでよいと割り切ってしまうこと。それが育星舎グループのできた背景だ。

 

だから育星舎グループの一部門である入江塾は塾としては少人数である。育星舎全体からすれば面倒見がよいこじんまりした塾である。

 

特に中学受験の最終学年である小6生がまとまるためには人数が多すぎてはいけない。当然、大規模塾にはそれがない。入江塾のこの良さを根気よくアピールしていきたい。

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 15:02 | - | - | -
説明会 その4

 

入江塾の特色の各論3つめは、講師の層が厚いということ。年令でいくと還暦を過ぎた私より少し上の先生 から各世代にまたがり、今春入社した講師は27歳。ベテランという意味では年令が高い方が良いかもしれないが、生徒との感性の近さでは若さも重要だ。また特に算数などの難問に対しては私よりも若い講師の方が処理能力が高くなっている。それぞれの年令に応じた良さ、それを生徒達に対し発揮しているといってよい。

 

入江塾には女性講師も多い。合格体験記によく出てくるS先生とY先生は女性である。効果的な声かけやスキンシップはその特権を生かしており、男性の私から見れば羨ましいかぎりだ。

 

最近は売り手市場なのか講師募集をしてもなかなか集まらない。こんな時に無理に生徒数や教室数を増やそうとしてはいけないと思っている。しかし、この時とばかり教室展開をしている大手塾がある。業界内で聞こえてくるのは悪いうわさ。講師の質の悪さを教材やシステムでごまかしている、講師がころころ変わる退職者が多いブラック企業であるなどなど。

 

先日も中学1年になった元入江塾の女の子達が大挙して来塾した。S先生、Y先生などと賑やかに話していた。「おい、授業中に来るなよ!」と言いたかったが。

 

「あの懐かしい先生が今もいる」そんな入江塾でありたい。

 

 

| IRIE | - | 16:05 | - | - | -
説明会 その3

 

入江塾の特色の各論2つめは、競争を煽って受験指導はしないということ。もちろん本番入試では合格者という勝者と不合格者という敗者が出る。勝負がある限りそこに競争は存在する。しかし、過剰な競争意識は不安を生み出し、成績向上を阻害し他者を排斥する。

 

模擬テストの偏差値は自分の学力が集団の中でどのような位置にあるのかを知るためのものである。そこで自分の不足や欠点を見つければいい。自分より成績の良い子がいればその違いの原因を見つけ、それにどう対処すればよいかを考えればいい。偏差値もライバルも自分を見つめ直すためのものである。

 

塾によってはその時その時の成績によってクラスや座席を変えていくところがある。生徒、保護者はそれに一喜一憂する。指導する側にとってはその方が都合よい。危機感から生徒を頑張らせ、成績が悪ければ本人の責任にできる。そして、難関校合格者多数名を広告し、転塾条件を良くして成績優秀者をさらに集める。これらがうまく噛み合って好循環を起こせば塾の業績が伸びる。その陰で競争に疲れ敗れた者達は消えていく。劣等意識をもってしまえばまず復活することは難しい。入江塾ではそのような生徒を1人でも出したくないと思い、ここまできた。

 

以前大手塾で偏差値30台の成績の子が入江塾に移って来た。小学校5年で学力の要である国語力は低学年レベルだった。本当に驚き、スタッフはまさに危機感を持たざるを得なかった。しかし本人の能力、頑張りもあり中堅進学校に合格した。今、高校生の彼は医師を目指すという。

 

競争原理を使わない入江塾。好奇心、夢、使命感を持った生徒達の集まりの中で奇跡は起こるのである。

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 00:51 | - | - | -
説明会 その2


「楽しい中学受験生活が送れる」これが入江塾の特色の総論だとすると各論は何か。まず生徒に必要以上の受験勉強を無理にさせないということ。これは数十年受験生をみてきたプロとしての結論。

 

受験のための学習は多くの量、多くの時間をそれにあてればよいというものではない。ある意味「受験勉強は必要悪である」と考えられる面もある。とすれば苦痛は少なければ少ないほどよい。灘中学を筆頭に難関校合格者数を競う大手塾では「質より量で勝負」の世界だからそれは言わない。

 

多くの保護者は誤った情報に接し、より多くの、より難しい問題をしなければと不安になる。生徒は過剰な負担に苦しみ、少なからず途中で挫折する。挫折はせずとも多くが所期の目的を達せず受験勉強の辛さのみを経験する。もちろん一部の上位層は他の塾でも出せたであろう結果を出す。…それは極論かもしれないが。

 

入江塾では6年生でも習い事をしている生徒がいる。必須の授業時間が少ないのでそれが可能なのだが、相談があればさらに協力もする。好きな事を無理に辞めさせても受験に集中するとは限らない。別の事をしているから受験勉強の効率が上がることもある。

 

中学生になる前に大量の課題を与えられ、疲れ果てては元も子もない。これから学問のおもしろさを知らなければならない、そんな時期なのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 03:30 | - | - | -
説明会 その1

入江塾の入塾説明会、新小6の保護者説明会を行うのはこの時期。そこで強調するのが他にはない入江塾の独自色だ。普通の中学受験と変わらないなら、わざわざ遠くから来てもらうことはないだろう。

 

まずは入江塾という集団の強さを説明したい。と言えばそれと対極、塾に通わないでの中学受験もある。受験指導を親や家庭教師が担当するというもの。ドラマにもなっている「下剋上受験」は父親が学習指導をしたらしい。入江塾はこのタイプと一線を画する。1:1の個別指導塾も同様だ。すなわち集団指導でないと成り立たないということだ。

 

先日、入江塾の生徒の会話を聞いた。「学校と塾、どっちが楽しい?」「塾」「私もそうや」というもの。この「楽しい」というのは生徒どうしの連帯感が大きく係わっている。それに講師が加わり一層効果が増すのである。

 

成績によってクラス分けをしたり、大量の宿題を課して生徒・保護者を煽り自塾の実績を上げようとする大手塾では、同じ集団であってもこのような雰囲気は出てこない。ノルマを負う講師が「安心」を生徒に与えることはできない。講師も生徒も追いつめられていないからこそ楽しい時間が生まれる。入江塾の小6最後の授業、女子生徒の中には別れを惜しんで泣き出す者もいる。

 

楽しい受験をして第一志望に合格できる。本当にそんなことができるのか、それは体験してみなければわからない・・・。いや、信じてほしい。

 

 

 

 

 

| IRIE | - | 15:29 | - | - | -
正月

入江塾に正月休みはなかったし、今もない。何も正月特訓などという大げさなものではなく、通常通りという感覚でやっている。中学入試目前なので生徒(小6生だけ)も正月気分はなく過去問などを真剣に解いている。

 

以前、年末年始は講師に遠慮して私1人で生徒をみていた。生徒数も少なかったのでできたのだが、最近は講師達が積極的に交替で担当してくれるので私自身はとても楽になった。

 

1月1日は元旦なので特別なことをする。1人1人に500円を渡し北野神社に行く。合格祈願のお参りというよりも屋台を見てまわるお楽しみが主である。人混みの中に行くのでマスクなどは必ずつけるように、変な食べ物は買わないように注意する。そしてはぐれないようにグループで行動させる。私達講師にとっては気の使う疲れる行事だが、生徒達は大変喜ぶ。

 

20年程前はお金を渡す時、「合」のハンコを押したポチ袋に入れていた。それをAくんは中学入試が終わっても大切に保管していた。京大法学部に合格するまで開けないということだった。彼は中学・高校と優秀な成績で進み見事それを成し遂げた。そして、今検事として活躍している。

 

「入江塾の正月は楽しかった。中学受験は苦しいものではなく楽しいものだ」そんなことを体験してほしいと思って正月も塾を開けている。

 

 

 

| IRIE | - | 14:39 | - | - | -
教え子

近所の寿司屋で気楽に呑んでいたところ、女性客の1人から「私、先生の塾生でした」と声をかけられ、場所がらもあり大変驚いてしまった。お歳は30を超えていると見られ、生徒と言われても思い出せない。少し酔っているのか、大きな声で当時の私の様子をくり返し言う。

 

それによると、私は白衣を着て棒を持って厳しく生徒を指導していて大変こわかったというのである。「そんなことをしていたかな…」と私はうろたえた。そのままにしておくとまだまだ私の悪口(?)が出てきそうなので「まあ、まあ、その辺で勘弁して下さい」とお願いして静かにしてもらった。

 

確かに25年ほど前、白衣を着ていた頃がある。個人塾をしていた民家の2階から、表通りのビルのワンフロアーに一念発起して移転した頃である。だからとても気合が入っていたと思う。しかし、「棒を持って」などということは記憶にない。

 

ただ、昔の生徒から「先生は厳しく、こわかった」という話は何度となく聞かされている。その点はあながち誤りではない。私はその方(名前を聞く余裕もなかった)には「今の私は仏です」と私の過去を否定するような弁解をしてしまった。

 

「先生のお陰で、……になりました」という言葉が聞けなかったのは本当に残念なことである。

 

 

 

| IRIE | - | 14:44 | - | - | -
閉塾

先日「塾の将来を考える」というテーマのもと塾仲間で話し合いがあった。閉塾した先生、来年閉塾する先生、閉塾を考えている先生などの報告があり、まさに塾の終活の様相を呈する有様。何となく気分が重くなってしまった。「私だけでなく皆も年を取ってきたのだな…」と理解はするものの「もっと頑張ってほしい」との思いも強かった。


人生と同じように個人塾にも全盛期があり衰退期がくる。勢いのある若い頃の塾長は生徒、 保護者を相手にただ一生懸命仕事をする。しかし、そんな状態はいつまでも続くはずもない。それではどうすればよいのか。


一方、新たな若手がどんどん塾を始めれば、閉塾があっても開塾があるはずだ。ところが、最近はそんな個人塾の開業が少ないように思う。まわりはマニュアル化された大手塾かフランチャイズ塾だらけだ。他方、後継者を育てておけば閉塾は避けられるだろう。だが普通の個人塾ではなかなかそれだけの人材に投資できない。


経営より教務に熱心なそして個性ある個人塾が少なくなっていくのは日本の教育界にとっても損失だと思う。


そんな中、個人塾の集まりを目指してきた育星舎グループは今後も価値ある存在であり続けたい。

 

 

 

| IRIE | - | 23:56 | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ